祝、来春真打昇進! #山緑

5月3日の靖国講談会で、本人が言っていました。「靖国講談会は今回で卒業です、これは二つ目中心の会だから」続けて、「来年4月に真打昇進させてもらいます」と。

前座3年、二ツ目8年半だから結構早いですね。というか去年のあおいさん、今年の貞寿さんとも二ツ目からは同じく8年半ですから、講談協会の標準ですか。日本講談協会の鯉栄さんは昨年二ツ目から丸10年でした。こちらは落語芸術協会との絡みもありますからね。

山緑の実力は文句なしでしょう。普及にも力を入れていますし、入門前の経歴も芸の肥やしになっています。

安定感ある本格若手真打誕生、というところですね。あえて一つだけ気になる点を挙げると、高座で時々見せる「横目」。最初は時計を見ているのかと思っていたのですが、どこの釈場でも時計がないところでも見せます。あそこまで視線が流れるのはいかがでしょう。。。なくて七癖、気づいてほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください