え、〇十歳!? #貞奈 

かわら版4月号は、寄席演芸年鑑の追加分が載っていますが、昨年入門の一龍齋貞奈さんも当然掲載されていました。

「これ誤植じゃないの!?」と驚いたのが生年月日。

去年の4月、渋谷東福寺で、協会の金王町講談会の準備をしているところを初めて見かけ、三方ヶ原を文字通りたどたどしく読む姿を見た時、「この娘、中卒?高卒?なんと可愛らしい少女が入門してきたんだろう」と感激したのを今でも覚えています。

その後何度も高座や木戸で見ていますし、姉弟子の貞寿さんも「可愛い、可愛い」とマクラやブログなんかでべた褒めするので、本当に未成年の少女だと思っておりました。

そ、それが198x年生まれですって!?

いやあ、女性って本当に怖いですね。