8月25日(土) 講談貞橘会

2018年8月25日(土) 13時半開演
らくごカフェ 2,800円(前売り2,500円)

愛山先生をゲストに迎えての貞橘会。家人もそれが目当てで同行。マクラも掛け合いで多いに盛り上がった会となりました。

講談師演目感想
一龍斎貞橘明智左馬之助 湖水渡り一席目は軍談山崎戦記から。前座さんがいないので真打ちの修羅場読みが聴けるとはありがたい。
南部坂雪の別れ瑤泉院はじめ女性の役がイマイチ。内藏助の苦悩も伝わりきらず。陽子先生で聞き慣れているので、ちょっと物足りない。寺坂の物語はさすがです。
神田愛山骨の音後進への贈り物でしょう、渾身の骨の音。凄みがありました。
~仲入り
貞橘永代橋落橋中入り前が充実過ぎて、後席は軽め。ですが、初めて聴く噺で意外と面白かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください