7月30日(日)朝練/南左衛門・貞鏡

2017年7月30日(日) 9時半開演

お江戸日本橋亭 1,000円

講談師演目感想
一龍斎貞鏡左甚五郎 水呑みの龍南左衛門先生の前で下手なことはできない、と思ったか、得意ネタ(と管理人は思っています。)で来ました。途中の宣伝が長かったり、扇子落として自分で笑ったりとバタバタでしたが、すべて許せるところがこの人の魅力でしょう。(芸も愛嬌も)
旭堂南左衛門太閤記 賎ヶ岳合戦上方の大御所、独演会や二人会の合間に朝練にもご出演。(「あれれん」を「ちょうれん」とおっしゃっていましたが、それでは七重のならしの調練ですね)
高座は、マクラで客のレベルを測りながら、上方講談の真髄、太閤記のいいところ。迫力満点、堪能しました。やっぱり太閤記は関西弁がいいのでしょうか。

南海先生と同じく、南左衛門先生も東京で独演会や二人会をやられる際、朝練にも出てくれます。貞寿さん昇進してしまった今、1000円で聴ける最強コンビではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください