6月30日(土) 講談貞橘会

2018年6月30日(土) 13時半開演

らくごカフェ 2,200円(前売2,000円)

助演梅湯さんは聞いていましたが、南麟先生登場は驚きました。結果、大変豪華な会となり、暑い中出かけて良かったです。

講談師演目感想
一龍斎貞橘賤ヶ岳の七本槍今回は前座さんがつかまらなかったと笑わせて開口一番。
宝井梅湯快男児 仁礼半九郎二つ目の中ではしっかりした芸。今日は時々大声を出していたのはお客が寝てたからかな?
旭堂南麟難波戦記 木村長門守堪忍袋まさかの南麟先生登場。夜の部で上京中、明日の朝練出演予定とは知っていましたが、まさかここで聴けるとは。まくらもたっぷり、ネタは軽めでしたが堪能しました。
貞橘紀伊國屋文左衛門 宝の入船中入り前四席目ということで軽め。まあまあでした。
~仲入り
貞橘義士銘々伝 安兵衛駆け付けテンポが良かった。貞橘さんの義士はこういうのがあっているのかも。

6月30日(土) 講談貞橘会” に対して1件のコメントがあります。

  1. 神保町講談会 より:

    ご来場誠にありがとう存じます。
    旭堂南鱗先生の演題は、「難波戦記 長門守木村重成の堪忍袋」です。
    よろしくお願い申し上げます。
    神保町講談会拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください