6月23日(土) 日本講談協会定席

2018年6月23日(土) 13時開演

お江戸上野広小路亭 2,500円(前売2,000円、会員1,500円)

協会としての蘭さん新打昇進披露興行二日目。ちょっと前に二つ目に昇進した紅純含め、華やかな会でした。

講談師演目感想
桜子秋色桜得意ネタなんだろうけど、男のしゃべりができない。もっと武芸物やったほうがいい。
紅純寛政力士伝武芸物で見せる切れ、滑稽さがなく、いまいちでした。
鯉栄山内一豊出世の馬揃え切れのいい鯉栄節。出世物の定番を小気味良く聴かせてくれました。
阿久鯉光圀公淀屋との出会い松鯉先生とはまた違う光圀公。いい味です。
鯉風勇女甲斐姫この噺は初めて。忍城や鉢形城は行ったことがあるので楽しく聴けました。
松鯉太田道灌有名な山吹の花の話を中心に道灌公の逸話。蘭さんへの期待も込められていました。
~仲入り
新打昇進披露口上松鯉、紅、鯉風紅葉さんの話が出てしんみりしたところ、松鯉先生手締めを三三七拍子と笑わせて上手くおさめてくれました。
芥川龍之介 桃太郎紅先生の「はっちゃけ芸」、ここまではじけたのは初めて観ました。さすがです。
豊竹呂昇新真打、これからこういう路線で行くのだろうな、と思わせる高座でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください