4月21日(土) 一龍斎貞寿の会

2018年4月21日(土) 13時半開演
らくごカフェ 2,500円(前売2,000円)

新装貞寿の会二回目。貞心先生直伝ネタ、本日は5年ぶり2本、ネタ下ろし1本。手探りながらも今後が楽しみ。

講談師演目感想
一龍斎貞寿左甚五郎「竹の水仙」連続で二話。
五年ぶりとは思えぬ軽妙でしゃれた噺。程よく力が抜けていていい感じ。
左甚五郎「三井の大黒」合わせるとそれなりの長講だけど、いい間合いでした。
 ~仲入り
一龍斎貞寿左甚五郎「あやめ人形」ネタ下ろし。
悲話ではあるけど、あまり重苦しくなく、「玉菊」ほど感情移入も大仰でないところがむしろ良かったです。
師匠の台本にかなり手を入れたという、この噺も育てていってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください