3月19日(土) 日本講談協会定席

2018年3月19日(土) 13時開演

お江戸上野広小路亭 2,500円(前売2,000円、会員1,500円)

講談師演目感想
桜子柳沢昇進録~お歌合わせ一人前座は大変でしょう。もぎりもチラシ折り込みも免除。稽古に励んでください。
紅佳四谷怪談~お岩誕生げげっ、まさかのここで四谷怪談。昇進後初の夏を控えて勉強か。こんなに明るくやかましいお岩さんは初めて。紅佳さんらしいと言えばそうだが、ちょっと疑問。
紅純宮本武蔵~ 竹ノ内加賀之介二つ目昇進後初めて見ましたが、キレイにお化粧し、なかなかのもの。噺の方は得意の武蔵で、たっぷりの時間で持ち味を存分に発揮してくれました。
鯉風藪井玄以 天王寺屋のしくじり鯉風さんで初めて聴く上方もの。鯉風節の中で関西弁がいい感じでした。
愛山幡随院長兵衛の生い立ち安定の愛山先生。喉の調子が悪いとのことだが、決して大声ではないのに啖呵はさすがの迫力です。
~仲入り
春日局~家光公養育聞きやすくわかりやすい噺はいつもながら心地よいです。マクラで他協会の先輩女流をチクリとやったのは面白かったです。
松鯉阿武松緑之助初めて聴く噺。落語の方が有名なようですが、松鯉先生の滑稽さと迫力の中に情を感じさせる読みっぷり、堪能しました。

紅純さん二つ目昇進後初めて観に行きました。立派に務めていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください