2019年10月3日(木) はなぶさ会

2019年10月3日(木) 13時開演
お江戸日本橋亭 1,500円(ご贔屓連1,000円)

講談協会若手男性講釈師の会も95回目。みんな昇進して二つ目は梅湯さんだけという豪華な会になりました。前座含めて田辺派が三人、独特の講釈を堪能できました。ゲストにマジックが入り、ちょっと変わった空気も取り入れ、楽しかったです。

(伊織「三方ヶ原軍記 内藤の物見」、凌天「一休禅師 鍵屋の棟札」)、梅湯「月光誕生」(梅湯さんの新境地!?)、山緑「浅妻船」、鶴遊「かの女の行方」〜仲入り〜 マジックまみ、凌鶴「高野長英 水沢村の別れ」(当初ネタだし「北斎と文晁」から変更)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください