2月24日(土) 貞山・貞心二人会

2018年2月24日(土) 13時開演
お江戸日本橋亭 2,500円(前2,000円)

一龍斎の大御所が義士の話を二席ずつ、という素晴らしい会。堪能しました。

講談師演目感想
神田伊織巴御前琴屯が廃業し、唯一の男性前座。頑張れ!
一龍斎貞奈三方原軍記工夫は伝わってくるが、基本的な修羅場読みの魅力はない。声もまだまだ。
一龍斎貞弥羽子板娘お次をお楽しみに、という役割を無難に果たした感じでした。
一龍斎貞心中村仲蔵弟子の貞寿さんで聞いたことがありますが、やはり芸歴の差を感じてしまいます。さすが。
一龍斎貞山徂徠豆腐昔よくやったがみんながやるようになって最近はやってなかったという話。貞山先生らしい重みがあって、新鮮でした。
~仲入り
一龍斎貞山出世の太刀取り恥ずかしながら演題をみて荒川十太夫の話と知りませんでした。いい話を貞山節で聞くとまた格別です。
一龍斎貞心二度目の清書わかっていてもうるっと来てしまいます。生で聴けて幸せでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください