12月23日(土) 日本講談協会定席

2017年12月23日(土) 13時開演

お江戸上野広小路亭 2,500円(前売2,000円、会員1,500円)

講談師演目感想
桜子噺の終わり頃に入場したため、ちゃんと聞けませんでした。
みのり宮本武蔵伝~熱湯風呂相変わらずの切れの良さ。小さいからだが大きく見えてきました。
松之丞天保水滸伝~ボロ忠売り出し定席では久しぶり?の熱演。間抜けな場面が極端すぎる気もしますが、啖呵は大した物。
鯉風夫婦餅音楽のような鯉風節健在。流れすぎて噺があまり入ってきませんでした。
愛山葛飾北斎と谷文晁 茶室の合作張扇を叩かない語り芸の神髄。初めて聴く噺でしたが、堪能しました。
~仲入り
阿久鯉天明白浪伝~悪鬼の万蔵最近の阿久鯉さんの充実ぶりは凄いです。得意ネタを堪能。
松鯉義士外伝~天野屋利兵衛先生にしては珍しい?大仰な熱演。有名な話を新鮮に聴かせてくれました。まくらを振りすぎて(?)最後巻いてしまったのが残念。

 

講談協会の宝井一門会と悩みましたが、豪華すぎる顔付のこちらへ。若い人を含め、満員でした。

出演者も熱が入ったようで、盛り上がったいい会でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください