12月22日(土) 講談貞橘会

2018年12月22日(土) 13時半開演
らくごカフェ 2,200円(前売り2,000円)

本年最後の貞橘会。琴柑さんに上方から南湖先生も招き豪華メンバー。この日は宝井一門の会や日本講談協会の定席もバッテイングしていましたが、あえてこちらへ。お約束の義士を含め、大満足の会でした。

講談師演目感想
一龍斎貞橘宇治川の先陣争い前座時代の思い出語りながら。前講として軍談。
宝井琴柑横浜のヘボン博士初めて聴きました。琴柑さんの新作なのかな?なかなか意欲的。
一龍斎貞橘お富与三郎 三十四カ所傷の由来
旭堂南湖旭堂南北一代記 血染めの太鼓やはり上方の講談師は面白い。基本面白い人が面白い話を読むので最高でした。
~仲入り
一龍斎貞橘二度目の清書き寺坂の口上が聴けて満足。ただ、全体の完成度の割に女性の台詞がいまいち自然でないのが残念。
年忘れ貞橘重大ニュース最後のお笑い。明るく締めくくりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください