12月17日(日) 双星の会

2017年12月17日(日) 14時半開演

四谷地域センター多目的ホール 2,000円(予約1,500円、3回通し4,000円)

講談師演目感想
田辺凌天矢取り勘左衛門一生懸命さは伝わるのだけど、まだまだ声も調子も鍛えないと。
一龍斎貞鏡金色夜叉ずいぶん長いまくらを振ってからの金色夜叉。もう少しこなれてこないと、という感じ。
田辺銀冶爆裂お玉(X'mas ver.)得意ネタを少しアレンジ。好きな噺なんですが、ラストでお客さんが笑ってしまうと言うなんとも変な空気に。確かにオチがあるといえばそうですが、ゲラゲラ笑うのではなく泣き笑いというところ。ちょっと残念。
~仲入り
一龍斎貞鏡天野屋利兵衛年末になると父で師匠の貞山や松鯉がかける大ネタ。まだまだ稽古が足りない。義士の一龍斎、頑張ってください。

仲良しコンビの二人会、長く続いています。以前は和室だったと思うのですが、人気沸騰により大きなホールに昇格したようです。

大きめのホールなのでゆったり椅子を並べたため、人数の割には高座が遠くなってしまいました。せっかくの美女会なのでもったいない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください