11月24日(土) 日本講談協会定席

2018年11月24日(土) 12時半開演
お江戸上野広小路亭 2,500円(前売り2,000円)

松之丞出演とあって、整理券が発行される人気ぶり。確かに客層が違います。若い人たち(女性多し)が増えるのは大変いいことだと思いますが、講釈師たちのネタ選びが、わかりやすく楽しいものに流れがちな気がします。そろそろ義士も聴きたかったです。

講談師演目感想
久之介三方ヶ原軍記 五色備(前)初見。堂々としています。精進してください。
久太郎三方ヶ原軍記 五色備(後)初見。あまり講談師らしくないが、声、調子はなかなか。頑張れ。
松之丞違袖の音吉客層を見て楽しいネタを。常連には少し物足りない。
紅純五郎正宗孝子伝久しぶりに聴きました。苦手のマクラはすっ飛ばし本題。特徴を生かし自分に合ったネタでした。
真紅保科正之抜き読み。じっくり通しで聴いてみたいです。
愛山新作 厄除け大師アマチュア作の新作。大ネタ期待していたので、少し物足りなかったです。
~仲入り
鯉風越の海こちらも定席ではいつもの通りわかりやすい相撲モノ。鯉風節炸裂です。
阿久鯉天保六花撰 松江公玄関先師匠共々鉄板ネタ。松之丞目当てで来た若者たちも満足したのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください