10月29日(日) 日本講談協会定席

2017年10月29日(日) 13時開演

お江戸上野広小路亭 2,500円

講談師演目感想
桜子秋色桜まあまあ上手くなっています。声に張りが出てきました。
みのり笹野名槍伝~海賊退治面白かった。松之丞も褒めていましたが、リズム、切れ、良かった。ただこの人が義士伝とかやる姿は想像できません。
松之丞扇の的お祝いの席ということで無難に扇の的。若いお客が多かったので、みのりに続いてわかりやすい演目でした。
紅佳振袖火事祝二つ目昇進。慣れないというマクラを振って、前座時代の倍の持ち時間。まだまだ発展途上ではありますが、応援します、頑張ってください。
松鯉天保六花撰~卵の強請り安定の河内山宗俊。みのり・松之丞と続いたお約束のくすぐりも入れながら、これまたわかりやすいお話でした。
~仲入り
鯉風赤垣源蔵の婿入りハロウィーンにかけてかぼちゃ娘の話。これまたわかりやすい滑稽話を独特の鯉風節で語ってくれました。
愛山真剣師最近の愛山先生は神がかってきたような。先日は若山牧水と重ねた話を聴きましたが、今日はまさに一人称の自伝。それまでの出演者がずーっと暖めてきたわかりやすく楽しい空気を一気に変えてしまいました。それでいて後に残るのは満足感、という素晴らしい愛山ワールドでした。

祝紅佳さん二つ目昇進!

台風の中にもかかわらず、大入りの広小路亭。松之丞目当て(?)の若いお客が多い中、楽しいネタを中心に進み、トリの愛山先生が究極の一人称自虐伝を語る。充実の定席でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください