1月27日(土) 一龍斎貞橘会

2018年1月27日(土) 13時半開演
らくごカフェ 2,200円(前2,000円)

講談師演目感想
一龍斎貞奈左甚五郎〜あやめ人形ネタ下ろしだったのか、グダグダ。それを自分で笑って笑いを取るという、やってはいけないパターン。最近貞寿姉さんも忙しくて面倒見られないのかな?
一龍斎貞橘笹野権三郎~やきもち坂貞橘さん、じっくり聴くのは初めて。上手いのだけど、調子によって飲み込み気味に読むところが聞き取りにくい。
神田阿久鯉天明白波伝〜稲葉小僧大学も先輩だとか。安定の白波伝、良かった。
一龍斎貞橘裸川の由来ビットコインのまくらから十文銭を探す噺へ。男性講釈師最年少真打、いい味出してます。
~仲入り
一龍斎貞橘弥次喜多道中記 川崎宿 外郎売り外郎売りの口上を毎回やっているらしい。今日はスムーズでたいした物だと思っていたら、思い切りすっ飛ばしたと白状していました。

阿久鯉さんがゲストということもあり、貞橘さんの会に初めて行きました。講談協会の定席や一門会の短時間バージョンしか聴いたことがなかったので、可も無く不可も無く、くらいに思っていたのですが、いえいえ、なかなか味のある講釈師です。

男性真打最年少、今年はもう少し気合いを入れて応援したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください