4月22日(土) 講談土曜特選会~一龍齋貞寿真打昇進披露興行(講談協会)~

  • 2017年4月22日(土)開演13時

お江戸日本橋亭 2,500円(前売2,000円)

  • 神田春陽 寛政力士伝 「越ノ海勇蔵 稽古相撲」
  • 一龍斎貞友 「出世の大杯」
  • 田辺南北 「ザ・家族」
  • 宝井琴調「寛永三馬術 曲垣平九郎 愛宕山梅花の誉れ」
  • 一龍斎貞水「王将」
  •  ~ 中入 ~
  • 口上:貞水、琴調、貞心 司会:貞友
  • 一龍斎貞心「石川一夢」
  • 一龍齋貞寿「赤穂義士伝〜忠僕勝助」

披露興行中日になるんですね、協会的には。

でも、精養軒のパーティーによんでいただいて、真打初高座朝練を見届けた私にとっては、そんなに真打披露!!って感はなく、あり得ない豪華講談会という方が正直な感想かな。なかでも、貞水先生の「王将」には驚きました。完全に主役の貞寿さんを食っていましたが、これは人間国宝の貞寿さんへの期待・評価の高さの裏返しなんでしょう。

それに応えた貞寿さんの義士伝。「ダレ場」といいながらの忠僕勝助。確かに聴いたことありませんでした、赤穂城開城から山科へ移る頃の、かつての忠義の中間との別れの場。散々今日は面白くない話と言っていましたが、そんなことはない、じーんとくるものがありました。

今回、大学生の娘を連れて行ったのですが、退屈するかと思いきや、結構楽しんだ様子。聴きどころのツボも心得てたりして、我が娘ながら「わかっとうやん」と感心した次第です。